【導入事例】青果(長距離)運送会社 R様

導入の背景

社長が運行管理者兼運転手業務も行っていました。
長距離配送のため、一度配送へ出てしまうと事務所へ帰ってくるまでの間、運行管理業務が滞ってしまう状況でした。
運転手さんが作成した運転日報は、事務所でなければチェックができず、帰社後の作業が大変だったそうです。

【要望】

事務所外での運転日報チェック・作成。

導入後の変化

運行管理業務の作業場所を選ばなくなった

各運転手さんがスマートフォン(Android)で記録した運行情報は、全てインターネットを介してクラウドサーバで管理されています。
インターネットに接続できる環境と管理用PCがあれば、事務所以外の場所でも運転日報の作成ができるようになりました。

運転日報作成の滞りの大幅な解消

事務所以外の場所でも運転日報作成ができるようになったことで、配送中でも事前に運転日報のチェックを行えるようになりました。
そのため、今までよりも帰社後に行っていた運行管理業務の作業時間が短くなりました。

導入までのプロセス

See-Driveの説明・デモンストレーション実施。日報の雛形を入手。

R様用にカスタマイズ実施。

作成したソフトのレビューを行い、ご指摘事項の修正を数回実施。

試用期間

・社長に対し、弊社担当者が操作説明を実施。
・指摘事項の対応実施
【休憩地点管理追加】従来版は休憩時間のみ登録していたが、地点名の登録にも対応。
※現在は標準機能

本格運用

・社長から運転手さんへ操作説明を実施。

その後

・不明点や疑問点がある場合は、弊社担当者に連絡。その都度対応を実施。

環境構築

運行記録用スマートフォン・タブレット端末(Android)

試用期間中は、社長のお持ちのスマートフォン(Android)にインストール。
本格運用後は、運転手さんのお持ちのスマートフォン(Android)にインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてR様が実施。

管理用PC

会社でお持ちのPCにSee-Driveの管理システムをインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてR様が実施。

価格・導入までの時間等

車両保有台数 2台
初期費用 なし(運行記録用の端末の購入なしのため)
価格(月々) 基本価格
打合せ~導入
までの時間
打合せ:3回、カスタマイズ:4日、試用期間:1ヶ月
その他 日常的にスマートフォンを使用されている運転手さんが多かったので、See-Driveでの運行業務記録への順応が早かった。

 

See-Driveについてはこちらからどうぞ!