【導入事例】産業廃棄物業者 T様(茨城工場)

導入の背景

運行記録を手書きで行っていたので、運転手さんによって地名点の表現(略称)が統一されていなかったそうです。
そのため、運行管理者がチェックし修正する手間がありました。
運転日報作成も、Excelで運行記録をまとめ・印刷し、チャート紙を張り付けていたので、運行管理業務に時間がかかっていました。
また、設置した回収箱を紙で管理していることに不便さを感じていました。
会社として全従業員へスマートフォン(Android)を支給し、業務の効率化を考えていたところでした。

【要望】

運転日報のチェック作業の手間を少なくしたい。
回収箱の管理を簡単にしたい。

導入後の変化

運行管理業務のチェック作業の負担解消

運転手さんは、地点名を候補一覧から選択して記録するようになりました。
これにより表現が統一され、 運行管理者のチェック作業が楽になりました。
地点名の候補一覧はマスタ管理されていますので、変更したい場合には、マスタ情報を更新するだけでOKです。

運転日報作成業務の短縮

これまで手作業でしたが、クラウドサーバの運行情報を基に簡単に作成できるようになりました。
See-Drive導入後は、運転日報を出力し印刷する作業のみになり、大幅な時間短縮へ繋がりました。

回収箱のトレーザビリティ機能追加

設置した回収箱だけでなく、回収の有無も管理できるようになりました。
クラウドサーバで管理しているので、回収箱の状況を、場所や時間を選ばず確認できるようになりました。

導入までのプロセス

See-Driveの説明・デモンストレーション実施。日報の雛形を入手。

T様用にカスタマイズ(日報と指摘事項の対応)実施。
・指摘事項の追加対応
【管理用PCの表示項目追加】車両実績として「空車/実車率」の表示対応。
【機能追加】回収箱のトレーザビリティ機能を追加。

カスタマイズ版のデモンストレーション実施。

試用期間

・全運転手さんに対し説明会を開催。
・従来の運転日報(紙)と併用。

本格運用

その後

・弊社担当者による問合せ対応。

環境構築

運行記録用スマートフォン・タブレット端末(Android)

会社支給のスマートフォン(Android)にインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてT様が実施。

管理用PC

会社でお持ちのPCにSee-Driveの管理システムをインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてT様が実施。

価格・導入までの時間等

車両保有台数 9台
初期費用 なし(運行記録用の端末の購入なしのため)
価格(月々) 基本価格、管理PC用ライセンス代(3台分)、カスタマイズ費
打合せ~導入
までの時間
打合せ:2回、カスタマイズ:20日(うち、回収箱管理機能は10日)、試用期間:2ヶ月
その他 日常的にスマートフォンを使用されている運転手さんが多かったので、See-Driveでの運行業務記録への順応が早かった。

 

See-Driveについてはこちらからどうぞ!