【導入事例】産業廃棄物業者 T様(東京工場)

導入の背景

運転日報を紙で管理していたため、車両実績の算出が大変だったそうです。

【要望】

車両実績の算出の負担を軽減したい。

導入後の変化

車両実績の算出の負担軽減

See-Driveは、クラウドサーバに蓄積された過去の運行記録から、車両実績を自動算出します。
今まで手作業で計算していたため、自動算出になり大幅な負担軽減となりました。

国交省提出資料作成の時間短縮

車両実績を自動算出するだけでなく、提出資料の雛形に設定・Excelファイル出力に対応しました。
資料作成の時間が大幅に短縮されました。

導入までのプロセス

See-Driveの説明・デモンストレーション実施。日報の雛形を入手。

T様用にカスタマイズ(日報と指摘事項の対応)実施。
・指摘事項の追加対応
【帳票出力機能追加】国交省への提出資料(雛形)の出力に対応。
走行距離と車両実績を記載しExcelファイルに出力。

カスタマイズ版のデモンストレーション実施。

試用期間

・全運転手さんに対し説明会を開催。
・従来の運転日報(紙)と併用。

本格運用

その後

・弊社担当者による問合せ対応。

環境構築

運行記録用スマートフォン・タブレット端末(Android)

会社支給のスマートフォン(Android)にインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてT様が実施。

管理用PC

会社でお持ちのPCにSee-Driveの管理システムをインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてT様が実施。

価格・導入までの時間等

車両保有台数 5台
初期費用 なし(運行記録用の端末の購入なしのため)
価格(月々) 基本価格、管理PC用ライセンス代(1台分)
打合せ~導入
までの時間
打合せ:3回、カスタマイズ:4日、試用期間:1ヶ月
その他 日常的にスマートフォンを使用されている運転手さんが多かったので、See-Driveでの運行業務記録への順応が早かった。

 

See-Driveについてはこちらからどうぞ!