【導入事例】貸切バス業者 K様

導入の背景

貸切バス事業を立ち上げるにあたり、運転日報のデジタル化を検討されていました。
インターネットで検索している時に弊社のHPをご覧になったそうです。
デジタルタコグラフも使用しているので、運転日報作成に特化したシステムが欲しかったそうです。

【要望】

運転日報作成をデジタル化したい。

導入後の変化

運転日報作成作業のデジタル化実現

紙ベースだと、過去の運行記録を確認したり、月単位/年単位の走行距離の算出も手作業で行わなければならず、時間がかかります。
See-Driveは運行記録を全てクラウドサーバで管理していますので、運転日報作成が大変楽だそうです。
また、バス用の運転日報に対応しましたので、乗車人数の月単位/年単位の集計もできるようになりました。

導入までのプロセス

電話、メール、ビデオ会議を用いてSee-Driveの説明実施。

弊社の運転日報の雛形をベースに、K様に日報の雛形を作成いただいた。

K様用にカスタマイズ(日報の対応)実施。

本格運用

・ビデオ会議で、弊社担当者が社長に操作説明を実施。

その後

・弊社担当者による問合せ対応。

環境構築

運行記録用スマートフォン・タブレット端末(Android)

会社支給のスマートフォン(Android)にインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてK様が実施。

管理用PC

会社でお持ちのPCにSee-Driveの管理システムをインストール。
インストールは、弊社担当者がご説明をしてK様が実施。

価格・導入までの時間等

車両保有台数 6台
初期費用 なし(運行記録用の端末の購入なしのため)
価格(月々) 基本価格
打合せ~導入
までの時間
5日間(打合せ:2回、カスタマイズ:3日)
その他 弊社担当者がK様へ伺うことが難しかったため、ビデオ会議を活用し、See-Driveのインストール方法の説明等実施。

 

See-Driveについてはこちらからどうぞ!