【導入事例】リサイクル品および ゴミ 収集箱処理業者 N様

リサイクル品およびごみ収集箱処理業者のN様に当社のSee-Traceを採用いただきました。

スマートフォン(Android)とバーコードラベルによる箱管理およびトラサビリティシステムです。

作業工程イメージ

リサイクル品・ゴミ収集箱処理業者_作業工程イメージ

回収もとの工場、自治体、施設(スタジアム、ショッピングセンター等)に設置したリサイクル品(あるいはゴミ)収集箱を回収します。
回収した収集箱を処分場へ搬入し、リサイクル品(あるいはゴミ)を処分します。
空となった収集箱は処分場から出庫され、再び各設置場所に設置されます。
これら業務実施時に、収集箱に張り付けたバーコードをスマートフォンで登録し、収集箱を管理します。

導入メリット

リアルタイムで箱の保管場所の把握が可能

リサイクル品(ゴミ)の管理はもちろん、バーコードを貼り付けている収集箱の所在が把握可能です。
また、収集箱の滞留日数も把握可能となりました。

回収実績からの拠点毎の物量把握および箱毎の使用頻度把握

回収実績から、拠点毎に回収したリサイクル品(ゴミ)の物量を把握可能です。
また、収集箱の使用頻度も把握可能となりました。
これにより、効率的な作業スケジュールの作成と、収集箱の使用平準化が実現しました。

使用機種など

スマートフォン(Android)

Docomo Xperiaを使用。

バーコード

Excelデータとして作成し、普通紙に印刷。
印刷したバーコードは、ラミネート加工し収集箱の前後に張付け。

See-Traceについて、お問い合わせはこちらからどうぞ!